To be continued(お掃除期間)

単純な日記です。

須賀さんへ。昔のアメトークおすすめなので暇なときに見てください

Sさんたちへ

昨日は,皆でわざわざ場を用意してもらって、僕に対して面白いことをたくさんしてきてくれているのに何の理由もなく、どうでもいいモードになってしまっていて申し訳ありませんでした。自分が考えてたのはこのところの,多分皆と同じように「一個のリンゴを七等分するにあたって生まれる不協和音」「そもそも、りんごはほんとにおいしいのか」「そんなことやる必要があるか」と言うことで,それ以外は皆と同じで大丈夫でした。
それで、考えるにあたって自分は、文学って一体何なのかと思っていたけど結局これは、一つのシンボルなんだと思いました。なので、皆当たり前に毎日仕事に従事してまじめに足場を築いていく傍らで,全く関係ないアンダーグラウンドな領域にあるシンボルとしてそれがあります。例えばそれは仮想通貨みたいなもので,だいたい、持ってなくてもいい。けど持っていないよりも持っていた方が良いととりあえず全員言うみたいな案件なんだと思います。
で、話は変わるけどそれと別次元で考えてたのがそういえばもっと,仕事した方が良いかもなという漠然とした意欲みたいなものだった。でもここで生まれるのが「そもそも仕事って一体なに?」みたいなことで,前の人たちみたいにやたらと問題のない部分をわちゃわちゃテーマもなく引っ掻き回していても、あとに荒野が生まれるだけでケツが拭けてないみたいな事件にもなってくるので,というか自分は一応で考えてみました。
Aと他の物事を結び付けまくる
まずはこれです。Aという案件がある時,全く別のフィールドの歴史、人を連れてきてそれをとにかく結び付けまくることで、これを畑を耕す感覚でやります。それが自分は昨日,おまえそれは,全く今関係ないことなんじゃない?と言われそうな絵画のことを一人でずっと話していた理由。

まとめる
振り返り,まとめは大事ですが,これを感覚で&決まりきったメンバーであまり考慮せずやってると前の人たちみたいに「うちわで固まっててとにかくつまんない」って事になります。なのでうまいまとめをしてくれる人をキープしておきます。

疑問提起
書くことがなくなったので入れてみました
疑問提起というか、「自分が燃えやすい案件」にならないよう注意する。Aさんのようにおまえそれ、とにかく好きやな!ってなったら終了。

大御所
こんな人が…?これはここでしか、見れない!
f:id:gohhofan1213:20220406094336j:plain

普通の人をいっぱい入れる
とにかく前回の案件でよくなかったのが上の人たちで固まりまくってた、それが普通の人から見たら案外面白くなかったと言うところだったので,普通の人を常時入れてみる。それで、当たり前の感覚を培う。




以上です。

あとは、とにかくこの定期的に訪れる「なにもかもどうでも良いモード」について自分は考えてみましたが理由があって、それはどれだけやろうとも、全く関係ない明日が訪れるということ、逆に言えばどれだけやらなくとも、全く関係ない明日がいつも現れてくることにあると思います。「だったら、何もかも関係なくね?」と思い始めたことがあります。だから自分が非常にやる気が失せまくることとして、例えば自分が頑張ってAさんと話したとする。そうしたら明日,ちょっとだけ仲良くなったAさんが現れるものだと普通は思うのに,それ以降一週間くらいAさんが休暇に入ってくることでその後で全く知らないAさんが出てくるみたいな感覚に対して「だったら自分がいなくても関係なくね?」と思えてきたからです。だから自分は隣にいる人が吠えまくって居たとしても、自分がやりたいときにやる。やらないときにはやらない。自分のホルモンも感情も天気がふって湧いてくるように何の根拠もなく訪れる。だったら別に今、とくに楽しくも腹たっても居ないし常時瞑想状態になってるみたいな時にも返しをしようがしなかろうが、誰に言われてない畑を耕そうがそれは何もかも関連性がないじゃんって自分は思いました。
この事に関して、何か違うと思ったら良い方の返事で返信ください。



ーまとめー

ただ流石に多くの名だたる方からのフォローを受けまくっていて感じたのは「さすがに、時代がまるきり変わって世代交代したんだな」と思いました。自分が良いなと思ったのはこの部分。いままで、どれだけの酷い給与体系があったとかクソミソみたいな話をずっとしていたけど流石に、実際のわたしの環境の方がほんとうに変わって来ています。クソおじさんは成敗されないみたいな話も聞いていて,「やっぱりな」とは思ったけど,別に,その人が自分ちの玄関をくぐって来ない限りどう生きていようがはっきり言ってどうでもいい次元の話だなと思いました。
自分はどうしても好みとして心理,生物系、歴史の話が好きなので多分お互い堀りたい部分は違うと思います。それから自分は一時ロシア,ヨーロッパ方面を色々見ていましたがそれは、地政学で勉強して興味が湧いたところだったから(ゴルバチョフ大統領の政策、スパイ関連)という理由で、いまインドが気になっているのは宗教というか発祥が日本と似ているかもしれないと言うところ、それから図書館でたまたまたくさんあるヨーロッパ関連の本を手に取ろうと考えてて、「ここもう、散々読んだよね?」と何か思ったからです。何故それを歴史の根本のように自分は読んでいたんだろう…?もちろん学びも沢山ありますが。知らない部分を常に読んだ方が良いんじゃないかな?て思いました。これは単なる自分の趣味で、知らないところを知ろうとしてみたら意外とそこから詩が生まれてきたりもするし、仕事と全く関係がない訳じゃないので良いと思います。須賀君も暇な時があればそれでいろんな方面のポケモンを集めてみて下さい。



終わり